ページトップへ

ブログ

こんにちは

いつも読んでくださりありがとうございます。

本日は70年代不動産リノベ塾を開催しました。

ご多忙の中ご参加頂きありがとうございました。

日本の空き家は2014年7月時点で、820万戸あると言われており、

将来2033年には2,150万戸になると予測されています。

空き家があると安全面や治安面でも心配ですね。

日本はスクラップ&ビルド 新築の割合が非常に高く、

中古住宅の流通という観点からはアメリカ、イギリス、

フランスなどの国に比べとても低いのが現状です。

経年と共に家の資産価値がどんどんと落ちていく日本

逆に価値が上がるようなことをしているアメリカ、

イギリス、フランスなど他の国との大きなギャップを感じます。

70年代不動産は、この空き家の問題、中古住宅の流通を

活性化し、資産価値を上げるにはとてもいいリノベーションです。

誰も目を向けて来なかった1970年代や80年代の中古物件をベースに、

コストを抑え古き良き物を利用し、魅力ある住宅へと生まれ変わらせます。

元々はよくあるこんな和室

日本人の顔をヨーロッパ人に整形したようになりました。

畳を床に変え、壁をペイントしたり、壁に板を貼る

そして少し装飾するだけでリゾートホテルにでも行ったように変わります。

こんな所で暮らせると日々楽しく、

モチベションも上がるのではと思います。

昭和の古い建物を活かし、費用も抑え自分らしい

豊な暮らしができたら素敵だと思いますが、

皆さまいかがでしょうか?

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全12ページ中)