スタッフブログ

タイルのはなし

木戸 美智子 自己紹介へ
2018/09/25(火) 家づくりのことmichi

「タイル」

この言葉だけ見ると、お風呂屋さんのタイルや、ちょっと一昔前の絵面を思い浮かべる方もいるかもしれません。

でも、様々なスタイルを表現出来るタイルは、いまやインテリアに無くてはならない素材です。

レトロでカジュアルな雰囲気、

ナチュラルでほっこりした雰囲気、

シックでアンティークな雰囲気などなど、

色形だけでなく、釉薬のムラや、表面の滑感などで、タイルは様々な奥行を表現してくれます。

タイルメーカーさんの、デザイン力と種類の豊富さに、尊敬と感謝の思いすら感じます。

カタログを眺めていると、本当に、すごい。と思うのです。

そこに、目地の色や木の塗装色、水栓の色や照明などのマテリアルを組合せて出来る空間は無限大です。

コーケツホームズのお家も、どこかに必ずと言って良いほどタイルが貼られています。

水廻りに限らず、壁にアクセントとして貼ったり、小さなニッチの中に隠れていたり、

そのお家にさりげなく、個性を与えてくれます。

先日、とても可愛いタイルを見つけて、サンプル取寄せしました。

うちで使っている漆喰と、オイルステインのこっくりとした色にも絶対相性抜群です。

いつかこのタイルがぴったりのお客様にご提案するのを楽しみに、どこに使うかあれこれ想像しながら・・・。

お客様にご提案するときに、お客様と、わー いいねいいね、とウキウキわくわくする時間が、私にとってとても楽しい時間です。

 みなさんも、お家づくりの際は、ぜひ、お気に入りの一枚を見つけて下さい。

一気にわくわくしますよ!

記事一覧

1ページ (全32ページ中)

ページトップへ