スタッフブログ

梅仕事

纐纈 久美子 自己紹介へ
2020/07/04(土) くみちゃん

こんにちは。

いつも読んでくださり、ありがとうございます。

七夕の短冊に願いごとをしたのが、なつかしい季節となりました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 実家の梅を兄がとってくれたので、初めて一から梅仕事をしました。

中でも青い梅は、梅酒と梅シロップに。

 黄色く熟した梅は、梅干しと梅ジャムにしました。

梅酒は、一般的にはホワイトリカーで作りますが、ブランデーと焼酎でも作ってみました。

「いつから飲めるの?」と、すでに主人は嬉しそうです。

どんなふうに仕上がるのか、とっても楽しみです。

梅シロップは、梅と氷砂糖を交互に入れ、蜜が出てくるので1日に数回瓶を回してあげて

2〜3週間ほどすればできあがり

梅ジャムは、下ゆでし種を除いた果肉に砂糖を加え、コトコトと炊いて完成です。

パンにつけたり、ヨーグルトに合わせたりして楽しんでいますが

甘酸っぱくて、爽やかでおいしいですよ!

梅干しは、先週塩で下漬けして、梅から水分(梅酢)が出てきたので

今週、しっかりもみ込んだ赤しそを入れました。

 

画像

画像のコメントが入ります。

 

画像

画像のコメントが入ります。

あとは、梅雨明けを待って「三日三晩の土用干し」をし、3ヶ月後くらいから塩がなじんでおいしくなるそう

手間ひまはかかりますが、下ごしらえを丁寧にすれば、意外と簡単です。

手をかけるごとに、どんどん愛おしくなっていきます。

それに、できあがるのを待つ時間も愉しい。。

暮らしにまた1つ楽しみが増えました!

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧|2020年7月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ