注文住宅での建物本体価格とは?岐阜県(御嵩町・可児市・多治見市)・愛知県(犬山市・瀬戸市)でおしゃれなデザイン住宅を施工しているコーケツホームズは、かっこいいBinOやブルックリンスタイル、かわいいナチュラルスタイル、カリフォルニアスタイルなどおしゃれな注文住宅と規格住宅をご用意しています。新築、土地をお探しの方はコーケツホームズにお任せください。
0120-033-854

受付/9:00~18:00 定休日/水曜日

ハウスメーカーや工務店の、広告やホームページで見かける、『建物本体価格』とは一体何を指しているのか?を、ここでは、紐解いていきたいと思います。

コーケツホームズ編集部

建物本体価格とは・・・

 

住宅の価格を表わすものの1つに、本体価格や、坪単価といった表現をすることがあります。

 

主には、ハウスメーカーや工務店がわかりやすく示すために、広告やホームページなどで使っています。

(建売住宅の土地付きの価格とは異なります)

 

文字通り、建物の価格になるのですが、本体価格への表示ルールが無いため、各社自由に表示されます。

実際には、家が建つ状態ではない価格表示の場合が多いので注意が必要です。

 

A社、B社、同じような建物なのに、B社が300万円も安い!!などと、飛びつくのは危険です。

この本体価格が指す本当の意味を理解する必要があります。

 

何が含まれており、含まれていないのか?

ハウスメーカーや工務店によって何が違うのか?知る必要があります。

 

 

 

建物工事価格の構成とは?

 

 

具体的に、どんな意味があるのか説明します。

 

 

 

 

 

本体価格

土地の条件や状態、注文内容によって変動する要素を省き、変動しない建物オンリーの価格をいいます。

各会社によって決められる標準仕様を基準に決められます。

また、標準的な付帯工事費(下記の付帯工事費で説明)を含む住宅会社もあります。

よって、本体価格だけの坪単価と、その他を含んだ坪単価の差があります。

 

付帯工事費用

本体価格には含まれず、建てるのに必要な工事をを言います。

例えば、仮設工事、電気工事、屋外給排水工事、地盤調査、地盤改良、足場費など、

建築するにあたり、必要なものを言います。

建物価格全体の15%〜20%前後を占めます。

消費税

確認申請などを除く、本体価格全てに対してかかります。

資材高騰調整費

木材、アイアン、住宅設備機器など相次ぐ値上げラッシュに対応するための、

調整費となります。各会社で異なるため、注意が必要です。

 

付帯工事に注意

付帯工事とはどんなものがあるのでしょうか?

建物にかかるものだけではなく、土地にかかるものや、市町村への条例などの申請費もあります。

 

①仮設工事、電気工事、地盤調査、地盤改良、足場費用

②外構工事(玄関アプローチ、駐車場などの工事)

③屋外給排水工事(給排水管の引き込み工事)

④解体工事費(建て替えなどの場合)

⑤エアコンなどの空調設備の取り付け工事

⑥カーテンや照明器具などの工事

⑦地区計画や、宅地造成規制法などの許可申請などの費用

⑧インテリア費用(いわゆるオプション費)

 

 

上記の中でも、①の建物に必要不可欠な工事費用が、本体価格に含まれる会社もあります。

ぜひ、坪単価、本体価格の中身を確認してください。

 

 

他にも、諸経費(火災・地震保険料や、税金関係、ローンによる手数料など)が、必要になってきます。

 

 

 

 

まとめ

家づくりを始めようとした時、まず不安になるのが、住宅資金=お金のことだと思います。

 

まずは何から始める?

土地探し?工務店・ハウスメーカー選び?金融機関に仮審査申し込む?

 

まずは、総額の把握が一番大切です。

 

 

チラシや広告の表示価格の

坪単価は◯◯万円!!

建物本体価格◯◯◯◯万円!!

 

安い!!と思い込まず、まずは、先に住宅会社のお話を聞くことをお薦めします。

 

 

 

 

注文住宅での建物本体価格とは?

MEETING~家づくりcafé~

お家づくりを始めたいけど、何から始めたら良いの?

土地探しやローンのこと、不安なことも多い…

MORE

この記事を書いた人

コーケツホームズ編集部